「スキンケア」カテゴリーアーカイブ

20代・30代の両極端なお肌の悩み

20代はニキビに悩み、ニキビ対策の化粧品や洗顔はもちろん、皮膚科に通ったりしてお肌に向き合ってきました。当時の私は、油取り紙を一度に何枚も使用するほどオイリーだったと思います。年を追うごとに自然とニキビは減っていき、社会人になり化粧を毎日するようになってからもオイリー肌は変わらず。ラントゥルース

その当時の悩みは「テカリ」一択でした。特にオデコ!この部分が相当に厄介で、他が綺麗に化粧でカバーできていたとしても、ここだけは化粧をしていても時間が経つとじわーっと油が浮いてきてしまったものです。

テカリに対応した化粧品を使用したとしても、結果としては「テカリにくくなる」くらいなもので特に大差は感じられず。。そんな私のテカリ対策としては、時間が経ち、ふと気になったときに掌でポンポンと触って油をなじます、そんなことくらいでした。

さて30代。お肌の曲がり角と言われる年代の私が直面した悩みは、なんとなんとの「乾燥」なのでした。今では20代のテカリが懐かしくなるほど、乾燥との終わらぬ戦いに明け暮れております。

20代では考えられなかったベトベト系クリーム「ニベア」を顔に塗りたくる日々。テカリは化粧品で抑えることができたとしても、乾燥は隠せない、むしろ化粧をすることによって目立ってしまう、そんなことを初めて知るのでした。

お肌の悩みが尽きなかった私の話

私のお肌の悩みは、肌が粗い事と、毛穴が開いている事。高校生からの悩みである。

ビマジオの最安値通販は?購入して使用した効果と口コミ体験談!

同級生は皆、毛穴もなくてツルツルの綺麗な肌をしていて、とても羨ましかった。憧れるあまりに気にしすぎてニキビを潰したり毛穴の角栓を押し出したりしていたので余計に酷くなり、私の肌は粗くてでこぼこしているのだ。

大人になってからもその悩みは解消される事は無く、お化粧をしても『化粧のり』は悪かった。私の友人は色が白く艶々な肌をしていたので余計に羨ましかった。勿論化粧のりも良く、唇も薄いピンクなので、口紅の色も綺麗に映える。化粧した時独特の『浮いた』感が全く無い。
私はと言えば、ファンデーションを塗れば、キメが粗いのでファンデーションの粉が浮いて見える。リキッドファンデーションでも何故か違和感がある。唇も元々の色が濃いので薄い色の口紅も浮くし映えない。かといって濃い色の口紅もケバくなって口避け女のようになってしまう。おしゃれに目覚めた二十歳そこらの娘には辛い現実である。

それから私は、試行錯誤した。まず毛穴をどうにかしたかったので普通の洗顔も勿論、角栓を落とすクレンジングもいれたり、角栓を落とす毛穴パックをしたり、化粧水でバッティングしたりした。キメが粗いのを和らげたかったので肌を柔らかくするようにマッサージしたり、蒟蒻石みたいなもので擦ったりした。数年試みたが、あまり効果は出なかった。(マッサージは顔のたるみには少し効いていたのを10年後には実感したけれど)

そんなある時、衝撃的な記事を本で見かけた。
『顔は洗ってはいけない』というものだ。言い方が簡単すぎたが、正確には『洗いすぎてはいけない』である。
どういう事かというと、クレンジングや洗顔料、化粧水や乳液、ファンデーションなどを一切使わないと言うことである。そもそも、現代の女性は顔に色々な物を塗りすぎている上に更にその事により顔を洗い過ぎて余計に肌荒れを招いているという。(美に対する意識が高いためだと思うけれど)
洗顔に使うのは、無添加の石鹸(普通にスーパーでも買える物)のみで、顔にはなるべく何も塗らない。自分の皮脂で潤いを保つ力を引き出す為である。どうしても乾燥が気になる場合はホワイトワセリンを薄く塗るのみ。
その結果、今までお肌トラブルに悩んでいた人達のお肌が段々綺麗になっていったらしいのだ。
私はすぐ実践してみた。買うも物も無添加石鹸とホワイトワセリンくらいならばとても安くて助かる。
肌につけるものが少なければ洗うものも少なくて済むのだ。
わたしは自分なりにやり方を考えた。
毛穴はやはり気になるので、毛穴の汚れは落としたい。まず、蒸しタオルを当て毛穴を開かせ肌を暖めてから、石鹸とぬるま湯で顔を洗った。
洗顔の泡も肌に負担がかからないように、きちんと泡立てネットでしっかり泡立ててから洗う。洗う時はマッサージ効果も取り入れたいので優しくマッサージしながら顔のツボも押したりした。
そして洗ったあとは冷水でバッティングして毛穴を引き締めた。洗顔した後はなるべく何も塗らなかったが、お化粧をする時にだけ、ホワイトワセリンを薄く塗りファンデーション代わりにベビーパウダーを薄く当てるだけにして、後はポイントメイクを少しするだけである。これだけでも確かにお肌への負担は少なくなったように思うし、かなり楽チンである。
このお肌のケア(ケアといえるのかは謎だけど)を実践してからもう10年以上になるが、私には合っているようでかなり定着している。特別変化があったわけではないが、結構『お肌綺麗だし若いね』と言われる事がある。(お世辞だったらスミマセン)

40歳を過ぎてからのシミ

もともとは、うっすらと頬の上にあった薄いシミです。ライスビギン

そのシミが30歳をすぎてから、なんか濃くなってきたような気が・・・。

その頃はそれほど気にならなかったものの、少しでもシミを薄くしたいと思い、高い美容液や美白クリームをつけてみました。

初めてそのような高級品を利用したので期待していましたが、どうにも効果を感じられません。

そうこうするうちに、徐々に徐々にシミは濃くなっていきました。

そして新しいシミも近くにあらわれて、頬の上はシミだらけになってしまいました。

正面から鏡で自分を見る時にはまあいいのですが、サイドや斜め後ろから見ると、シミはとても目立ってしまいます。

白髪やしわは多くはないのですが、これらのシミが一番の悩みでした。

もはや市販の商品では効果がないと思い、使うことをあきらめ、ひたすらコンシーラーで隠すだけの日々です。

次にこのシミを何とかする方法と言ったら、皮膚科に行って治療をしてもらうことしか思いつきません。

インターネットや病院で皮膚科の治療法を見てみましたが、どれも安くはないお値段です。

効果はあるんだろうなと思っていますが、そこまでお金を出すのも惜しいな、と考えてしまいます。

結局は決断ができないで、コンシーラーで隠しているだけの日常です。

シミ・シワが消えなくなった!

20代半ばの女性です。

シルクリスタは効果あり?私の口コミ体験談を辛口評価でお届け!

もともと肌には自信があり、

あまりお手入れは念入りに行っていませんでした。

高校生の時には野外の部活に打ち込んでおり、

夏は日差しを思い切り浴びながらの活動でした。

日焼け止めもろくに塗らず、

真っ黒い肌で過ごしていました。

そして迎えた20代半ば、

明らかに肌に異変が訪れます。

まず、顔の数カ所に、薄くシミができるようになりました。

今まで放っておけば消えたので、

あまり気にしていなかったのですが、

半年経っても1年経っても消える気配はなく、

むしろ日を追うごとに濃くなっていきます。

さすがに焦り始めました。

そして更なる変化が、シワです。

もともと近視が強く、何か物を見る時に

しかめ面になってしまう癖があったのですが、

眉をひそめた時にできるシワが

眉間のあたりに残るようになってしまいました。

普通に真顔でいるつもりなのに、

怒っているように見られたり、

実年齢よりも上の世代に見られたりと、

不都合なことが起こり始めます。

これは困ったなと思い、

今更なのは百も承知の上で、

肌ケアにしっかりと力を入れることにしました。

しっかりと時間をかけて洗顔をしたり、

お風呂上がりに化粧水を使ったりといった努力のおかげで、

今は少しマシになった気がします。

乾燥肌でニキビが出やすいお肌

冬場、暖房などで乾燥し、不規則な生活で肌が荒れてニキビが出ますよね。

保湿や十分な睡眠をとっても、すぐには治らない時の対策どうしてますか?

そんな時は、サプリメントと胃薬を飲んでいます。ととのうみすと

食生活だけでは補えない分のビタミンをサプリメントで摂取し、弱った胃を胃薬で回復します!

なるべく生野菜やフルーツを食べるようにしても、一日で食べられる量は限られますよね。

それにあまり食べすぎても繊維質を消化するのだって胃に負担がかかります。

それなら、一日に必要なビタミンが入ったサプリメントと胃薬を一緒に摂りましょう!

サプリメントのビタミンは、水溶性のものであれば尿と一緒に排泄されます。

排泄されるからといって体に吸収されていないわけではありません。

体に必要な分は摂取され、不必要な分が排泄されているのです。

不安であれば、日常的に摂取するのではなく、肌荒れが気になるときだけでも良いでしょう。

また胃薬は、何でもいいわけではありません。

買う際は必ず、薬剤師か登録販売者に相談しなければなりません。

私は、胃が弱いので胃粘膜を増やして胃の中を守る成分が入っているものを服用しています。

これも、胃が弱っているなと思ったときに服用しています。

心配がないときに無意味に服用することは、やめましょう。

胃腸などの内臓が弱っていると肌にも影響が出てくる場合があります。

スキンケアだけでは解決しないのは、内臓が弱っているからかも?!

自分の体質をしっかり見定めて自分に合った生活を心がけましょう!

お肌の悩みについて。

私は、シミ、シワ、ほうれい線がたくさんあって困っています。私が若い時から、スキンケアをちゃんとしてなかったから、年をとるとでてしまうんだと思って後悔をしています。

http://www.handipole-maintien.org/

今は、少しでもいいからシミ、シワをのける努力はしているのですが、なかなか上手くいかなくて困っています。化粧品は、肌にあっているのをつかっているんですけど、なかなか上手くいかない。少しだけでもいいからきれいなりたい。きれいになるとなんでもが、楽しいと思います。年が、とってもきれいになりたい、若く見られたいので、つらいけど努力をしていきたいと思っています。

本当に年は、とりたくないし、きれいで、ので、しっかりと努力をしていきたいと思っています。あゝ元からきれいだったらこんなに悩んだりしないと思います。きれいになってたら彼氏さんと一緒になれると信じています。あゝきれいな人が、うらやましいのと、好きな人と一緒になれるからいいなと思います。本当にきれいになるのには、むずかしいと思いました。少しだけでもいいからきれいなる方法や、アドバイスが、あったらほしいです、きれいになりたい。シワ、シミたるみほうれい線は、いらない。赤ちゃんみたいな、肌になれるようにしたいです。

ダイエットは肌に良くない

ダイエットをすると、肌には決していい影響が出ません。

まずは、皮膚に弛みが出ます。チェルラーブリリオは販売店での市販はなし!私の口コミと効果をレポートします!

せっかく細くなってきたのに、皮膚に弛みが出ては、外見的にも老けて見えてしまうので、損をすることも多々あります。

更に、栄養バランスもめちゃくちゃになるので、吹き出物が出やすいんですよね。ちょっと油断すると、すぐに背中の辺りにポツポツ出てくるんです。

ダイエットをするときには、こうした肌トラブルについても考えることが大切です。

食事は必ず三食バランスよくとったり、夜中の食事を減らしたり、肌にいい栄養素を持っている食材をたくさん食べるなど、肌のためにできることを色々としておくと、ダイエットしたあとも、皮膚がたるんだりしませんし、栄養バランスを考えることで、吹き出物が出ることもありません。

そのためには、できるだけ多くの食材を少しずつ食べることです。

野菜や果物、更には肉類などをきちんととることによって、ダイエットをしても、肌の美しさを保つことができます。

そして、ナッツなど肌にいいものをダイエット食材を食べることによって、肌の色つやも増してきます。

ダイエットにもなって、美肌も手に入れるためには、しっかり食事をすることが欠かせません。

お肌でお悩みの方必見。自分の肌に自信を持てる方法

あなたは自分の肌について悩んでいませんか?シミやほうれい線、ニキビやニキビ跡。FACEEリキッドセラムプラスの効果と口コミ評価!販売店での市販状況などもご報告!

これらはすべて解決できます。今回は私の経験を踏まえて、3つのことをお話しするので参考にしてくださいね。

1つ目は生活習慣を正すことです。

生活習慣を見直してみてください。1日3食栄養バランスなどを考え、きちんと食べていますか?また、睡眠不足のまま仕事で疲れ、体にストレスを溜め込んでいませんか?
もちろんこれらの行いは全て肌に関係してきます。
まずは規則正しい生活習慣を見直していきましょう。

2つ目は水です。

水を飲むと老廃物が流れ、体にいいとよく耳にしますよね?それだけでなく暖かいお湯で洗顔したあとに、水で顔をすすぐようにあらってください。肌が引き締まる効果があるだけでなく、開いた毛穴を閉じてくれる効果があるのでオススメです。
実際に私も試したところ、洗顔してすぐに水洗いを増やすことによって、ニキビが減りました。
もちろん洗顔後のいつものケアは忘れないでくださいね。

3つ目は化粧です。

自分の肌に自信がない中で人に会うというのは、目に見えないストレスを抱え込んでいるのと同じです。
自分に自信がない人は、相手の目を見て話す事ができません。お肌で本当悩んでいるあなたもそうではないでしょうか?
女男関係なく、身だしなみとして化粧をしましょう。これからの時代は男も化粧を使って当たり前!や、男もある程度化粧をして第一印象を良くすると言った社会に変わってきます。
日本は美意識が高いようで、実は遅れているんです。それに皆さん気づきましょう。
あなたの肌に自信をつけて、毎日明るく他人と接してみてください。一気に生活が明るくなりますよ!

まとめ

今回は私が実際に行なっているお肌のケア方法や対策法を3つ紹介いたしました。
お肌に悩んでいると気持ちも暗くなり、人と関わるのが嫌になりますよね。その見えないストレスを解消する為にも、今回紹介した3つのことを参考に、自分の生活を見直してみてくださいね。
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

スキンケアの基本について

乾燥肌を防ぐために最も重要なのは毎日のスキンケアです。週に何度かスペシャルスキンケアを取り入れても基本のスキンケアが出来ていなければ効果が在りません。正しいスキンケアには自信がない人も多いはずです。スキンケアの基本の化粧水と乳液について紹介します。

http://restaurantemanodesanto.com/

 化粧水は、ただ水分を与えて保湿するだけでなく肌を柔らかくして次に使うスキンケアアイテムの馴染みをよくする役割があります。
 乳液は、化粧水で潤した肌が乾かない様に油分を与えることで角層細胞の隙間を埋め、バリア機能を高めて潤いをと持つよう導いてくれます。

次は化粧水と乳液の適量ですがスキンケアのポイントは、水分と油分のバランスを整えることです。その為には、正しい使用料でケアすることが重要なポイントです。
化粧水や乳液は量が多すぎても少なすぎてもいけません。特に化粧水が少ないと摩擦によって肌に刺激を与えるだけでなく、水分の増加率も低いままになってしまいます。適量の化粧水を使用した場合は使用前に比べて117%も水分量が増加したそうです。

スキンケア効果を確実に発揮させるためにも、スキンケアアイテムの商品に合わせた適量を守るようにしましょう。
この様にスキンケアの基本を守れば乾燥肌などの肌トラブルを防ぐことが出来ます。

私にはお肌がカピカピしてしまうという悩みがあります。

私にはお肌がお風呂からでたあとにカピカピしてしまうという悩みがあります。ラントゥルースの口コミを完全レポート!使い方から効果までを暴露します!

この悩みはもう長年あって、とにかくたくさん感じていることです。最近は子供が生まれてさらに自分に余裕がなくなってしまったのでこのカピカピになってしまう速度が急激になってしまっています。ただ保湿としては今私が一番いいなと思っているものを使っていてそれを使えば全然大丈夫な感じなんですよね。この化粧水を使わなければお肌の調子がものすごくおかしくなってしまいますので、すぐに保湿を心がけています。

ただこの先の取り組みなのですがどうしてもカピカピは直りませんのでどうしようか考えているところではあります。今の保湿の化粧水はかえるべきなのか、それともこのまま同じ化粧水を使っていくべきなのか、どうしようかと思っています。

私はカピカピになるとガサガサしてしまってどうしようもなくなってしまいます。なのでそうなる前に予防対策をしっかりとしていきたいと思います。でもこのカピカピは冬場だけなんですよね。冬場を乗りきれば絶対にもとに戻るので毎年辛抱しているところです。冬はやっぱりなにかと出てきます。特にお肌に出てくることが一番感じています。お肌を大事にしていきたいです。

マスクをつけたらニキビができた!人の目が気になる高校生の話

最近はマスクをつけることが当たり前になりますが、

私がまだ高校生だった頃は風邪を引いたり、花粉症の時にだけマスクをつけていました。

私は花粉症が酷くて秋から春にかけてずっと鼻水が出やすいことに悩んでいました。

なので、ずっとマスクを付けていたのですが、

マスクは通気性が良いものを選んでもつけていない時よりかやっぱり通気性が悪いし、

肌と触れ合うことで刺激を受けてしまい、いつの間にか口の周りにはニキビができてしまいました。

しかも鼻の下にニキビができた時なんてめちゃくちゃ恥ずかしくて、

「これ絶対に見せられないやつじゃん!最悪!!」思いっきりへこんでいました。

レナセルクリアセラムの効果

だけど、マスクをつけているので、

ニキビが治ってはまたできての繰り返しでいつまで経ってもニキビの悩みは消えませんでした。

マスクを取りたくても、ニキビ顔を人に見られたくなくて、

思春期だった私はより恥ずかしくて、馬鹿にされるのが嫌でなかなかマスクを外すことができませんでした。

けれど、こう思ったんです。

「やっぱり悪循環はどこかで断ち切らないといつまで経っても同じことの繰り返しなんだ。

だから勇気を出さなきゃ!」と私はマスクを外して学校へ行くことを決意しました。

すっごく勇気が入りました。男子からも見られるし、友達から「ニキビある?」と普通に言われるし、

顔を隠したかったけれど、それだと余計に気になってしまうと思い、心臓をバクバクさせながら堂々と授業を受けました。

5時間目を過ぎる頃には、いつもの日常で誰もニキビに対してからかってくる人なんていませんでした。

案外、自分は気にしているけれど人は気にしていないものなんだなと思いました。

その経験があったからこそ、マスクは世界的なウイルス問題によって今は外していませんが、

何か迷いがあった時には「堂々としよう」と過去に励まされています。

イチゴ毛穴や肌の赤身が気になる

私は1年を通して悩んでいる肌の悩みは肌の赤みと毛穴がイチゴみたいな感じになっている事です。http://www.festivalcinemadarte.com/

まず赤身については寒い時期でも夏の暑い時期でも日焼け止めや化粧品などを付けていても紫外線が肌だけに当たればそこだけが赤くなり逆さパンダみたいになってしまいます。帽子があったとしても顔までは隠しきれませんので結局逆さパンダみたいになります。

う1つの悩みはイチゴ毛穴です。鼻が偶にイチゴ毛穴になってしまいます。あまりにも酷い時はパフで誤魔化しています。

ですが時間が経つに連れてパフは薄くなるのでどんなに何回もパフで隠しても最終的には元のイチゴ毛穴に戻ってしまうので意味がありません。以上が肌の悩みです。1つの対策としては外に出る時はマスクで顔を隠す事が肌の赤身もイチゴ毛穴も気にならない無難な策です。しかしマスクが嫌いな人や苦手な人はそれは不便です。マスクで顔を隠す以外にももっといい案があるかも知れません。

やはり女性なので赤身やイチゴ毛穴はどんなにおしゃれとかに鈍感でも気になってしまいます。マスクで隠す他に何か案が試して見ます!そして年寄りになった時までキレイでスベスベな肌を目指したいです。勿論もっちりした肌も目指したいです。

男性の敏感肌の原因とスキンケア方法

敏感肌は日々のスキンケアを見直したり生活習慣を整えたりする事で改善できます。敏感肌の原因について紹介します。モイスポイント

敏感肌になってしまう大きな原因として肌のバリア機能の低下が挙げられます。肌の表面に角質層という薄い層があり、外部の刺激から身を守る役割があるほか、肌の水分量を一定に保つ機能が備わっています。バリア機能が低下することで肌が乾燥し外部からの刺激に敏感に反応しトラブルを招いてしまいます。その原因が以下の通りです。

まずは髭剃りです。気づかないうちに肌の角質まで取ってしまい、角質層が薄くなり肌のバリア機能が低下します。毎日剃ると肌は慢性的な乾燥肌になりやすく敏感肌を招きます。

次がスキンケア不足です。男性は女性に比べてスキンケアをしない傾向があります。肌の水分量を一定に保つために必要なのでスキンケアをしないと肌は乾燥しやすくなり、敏感肌になります。

最後が生活習慣の乱れです。生活習慣が乱れると代謝機能が低下して体内に老廃物が蓄積しやすい状態になります。この状態が続くとバリア機能が低下し肌環境を悪化させてしまいます。

スキンケア方法について紹介します。

まずは洗顔料です。肌には汗や皮脂などの汚れが付いています。放っておくと雑菌が繁殖し肌トラブルになります。正しい洗顔方法でケアしましょう。

次が化粧水です。洗顔で汚れを落としたら、化粧水で肌を保湿します。化粧水で肌に水分を与え、皮脂の分泌を正常に整える役割があります。肌が乾燥するとバリア機能が低下し、肌トラブルを招きます。

次が生活習慣の見直しです。生活習慣が乱れると肌の代謝が乱れバリア機能が低下します。ストレスや食事の見直しで改善できます。健康な体がきれいな肌を取り戻す第一歩です。無理にない範囲で徐々に生活と肌を整えて行きましょう。

若いころは綺麗な肌のままだと思っていました

恥ずかしい話、私は昔からメイクをしたことがあまりない。理由は学生のころから「肌が白くて綺麗」とずっと言われてきて、いつまでも白くて綺麗な肌なんだとうぬぼれていたからだ

しかし30後半になってふと鏡を見て絶望した。そう小さいがシミが幾つも発見し、目じりのシワ、ほうれい線もできていたのだった

ネオちゅらびはだ

学生時代もちろん日焼け止めはたまに塗っていたがやはり紫外線のダメージは蓄積されて今、シミが出てきたのだ。目じりのシワも学生の頃ケアを怠ったからだろう。
ほうれい線ができてきた原因はなんとなくわかる。接客業していた時、お客様に笑顔で接してきたからそのせいで唇の両側にくっきりとほうれい線が出てきたのだろう
もちろん今は麹入りの化粧水を使ったり肌にいいと言う、食材を食べてケアはしているが完全には治らないだろう。

ほうれい線の治し方はいまいちよくわかっていない
しかもたるみを予防する顔の体操(今はたるみはないが、肌のトラブルが多くなってきたのでかなり心配)をするとほうれい線がさらに深くなるのであまり顔の体操は
やってはいけない気がする(どうしたらいいんだ・・・)

救いはシミが小さくて目立たないせいか実年齢よりも若く見えることだ。これはかなり嬉しい。一説ではメイクをしないほうが肌の衰えが緩やかだと聞いてので
それのおかげか
とりあえず今は美肌にいい化粧品や食材を使ったり、食べたりしているところだがいつまで若く見られるか不安だ

人をダメにするソファとは?

ソファという、イスに似た家具がありますね。私がいつも座っているイスは、たしかにコンパクト設計でクッション性もあっていいのですが、私にとってはコンパクトすぎるというのが難点です。背中は半分くらいまで、足も同じく半分くらいまでしかクッションの部分が行き渡らず、なんとも支えているクッションが中途半端で、このイスに座ってリラックスができません。いっそ、変えてしまおうかといろいろ検索してみると、じつにたくさんの種類のソファが検索にヒットしました。その中で今、私が気になっているソファがあったので、そのソファについて書いてみたいと思います。

http://www.prestigeresortphangan.com/

そのソファは、こう呼ばれています。「人をダメにするソファ」です。うーん、なんとも思い切ったネーミングが付いていますね。では、どうダメにしてしまうのか?というと、その座ったときの感触が素晴らしく、座る以外にも仰向けになる、横になる、うつ伏せになると、どんな体勢でそのソファを使おうとも、完全に体にフィットして体を包み込んでしまうのだそうです。一度包み込まれたが最後、もうそこから動きたくなくなってしまうのだそうで、購入した人のレビューを見てみると、そのように書いている人が多数いました。
人をダメにしてしまうほどの心地よさを生んでいるのが、どんな体勢でも受け入れられる、微粒子ビーズが詰まった本体、角の取れた特殊形状、とても薄く作られている専用のカバーによる、その触ったときの独特の柔らかさなのでしょうね。そのため、いかにもイスといったような腰掛けや背もたれはあるが肘掛けは一切ない。

たくさんの人がレビューされているとおり、そのソファの誘惑というものはかなり強力なようです。もう、動きたくない、やろうとしていたことを後回しにしてしまった、などなど、このソファの誘惑に負けた人は多いようです。人ではなく、犬や猫も、この誘惑に負けてしまうのだとか。うーん、ますます欲しくなってきました。このソファは無印良品の商品で、正式名称は「体にフィットするソファ」というのだそうです。お値段は1万2600円ほどで売られています。ああ、私もこのソファに座って、ダメになりたいと思いました。

夏になると必ずなる、乾燥肌あれ。

毎年、梅雨時期から始まり夏真っ盛りになると必ずなる、乾燥肌ニキビと湿疹。http://www.smadcon.com/

どんなに丁寧にスキンケアをしても、どんなにサプリメントを飲んで対策をしていても汗をかくようになると、カサカサになりヒリヒリして、そこにニキビができてしまいます。

最初は市販の塗り薬や飲み薬を使ってみたり、敏感肌用の高価な化粧水を使ったりしていました。

しかし、どれも効果なし。

顔は赤みが出てきて、痛いし痒いし、皮脂バランスが崩れているからベタついて気持ち悪いしとにかく辛い。

そんな時に友達が通っていた皮膚科を紹介してもらいました。処方されたのがビタミン剤と抗生剤の飲み薬。そして、ステロイドの塗り薬2種類。

ビタミン剤は出るだろうと思っていたけど、まさかの抗生剤まで出てちょっとビックリでした。

お薬を飲み始めて1日でお肌の調子が変わったのが実感できました。

湿疹やニキビは落ち着いてきて、赤みも取れてきて、何よりベタついてたお肌がサラサラのツルツルになったんです。

皮脂バランスが整うとお肌の質感や肌触りもこんなに変わるんだ!と、これまたビックリでした。

それ以降も肌トラブルがあると皮膚科に通っています。

今まで市販薬やお化粧水にかけていたお金よりも断然安いし、てきめんに効果があります。

肌トラブルに悩むみなさん、是非皮膚科に行きましょう!

手軽でお得なネイルラップ

友人から流行のネイルアートを「一緒にやらない?」と誘われ、1度は可愛い爪を経験してみたいと思い値段を聞くと8000円もするそうです。

私にとって8000円は高額すぎるので断りましたが、もっと格安で出来ないのかとネットで探しているとネイルラップというのがあったので、調べてみました。

評判通り?モイスポイントを使用した私の口コミ!3ヶ月間の効果と体験談を暴露します!

通常のネイルシールはハート型など色々な形をしていて、これを貼ることによってアートを完成させるが、ネイルラップは最初から爪の形をしていて、そのまま爪に貼るだけ完成させることができるそうです。
ネイルラップの使い方は、爪の形を整えた後、アクセントを使って爪の表面の油分などをしっかり拭き取ります。

自分の爪の大きさに合ったネイルラップを選び、爪の根元部分の形と爪の幅に合わせてシールをカットします。
ネイルラップを爪に貼って、はみ出した部分をヤスリで削って落とします。
基本的にはこれで完成ですが、シールを貼った上からトップコートを塗ることで長持ちします。

以上で手軽でお得なネイルラップでした。
忙しくてネイルアートをする時間が取れない方や、不器用で自分では綺麗にネイルアートを出来ないという方でも、ネイルラップなら失敗することなく理想通りの仕上がりを楽しめます。
また、最近では100円ショップでも扱っているので、お得なネイルラップを試してみてはいかがでしょうか。

消えないニキビと肌の変化

自分に合う基礎化粧品を探して数年…未だに何を試しても必ず一定数顔にできるニキビ達。思春期を過ぎてからニキビは落ち着いてたのですが数年前にふとニキビが全くない肌になりたいと思い、ドラッグストアなどで買えるプチプラの物からデパコスの高級品、ネットのみでの販売の物など色々試してきました。

MELLIFE(メリフ)

しかし何を試しても消えない…一時的に良くなってもまた1つ2つと出てきてしまいます。そうしているうちに、元々敏感肌とは程遠かった私の肌がかなりの敏感肌になっていました。

色々試し肌に負荷をかけ過ぎたからなのか、歳を重ね肌質が変わってしまったのか、理由は分かりませんがより一層肌に気を使わなければならなくなりました。ニキビは皮膚科の薬を使って早く治したり目立たなくしたりできますが、肌の痒みや赤みがすっぴんだと目立つ気がして嫌です

。皮膚科に相談しても原因不明と言われとりあえずの薬を処方されるだけで根本的な解決には至りません。基礎化粧品で変わるのか、もっと専門的な医療機関を受診した方がいいのか自分の肌を見るたびに悩みます。ニキビが治まったらシミも改善していきたいと思っていますが、とりあえず今はニキビをなくすことと肌の安定化を目指して日々模索し頑張ろうと思います!

若い頃にきちんと肌ケアをしてこなかった後悔

私の肌の悩みはいくつもあります。まずはニキビ跡の色素沈着、クレーターです。学生時代にニキビができやすい肌質で、頬にいくつものニキビが出来ていました。ケアの知識や跡が残るということが頭になかったため、ニキビが出来れば指や爪でつぶしてしまうという一番やってはいけないことをしてしまった結果、自分では治すことが難しいクレーターや色素沈着として跡になってしまいました。

MELLIFE(メリフ)の成分効果

今は、美容皮膚科に行ってレーザーで色素沈着を綺麗になるようにしていますが、時間もお金もかかるので、若い頃にケアの知識や跡になってしまう怖さを知っていればよかったなと後悔しています。目の下にできてしまったシミも悩みです。若い頃にはなかったシミが若い頃に紫外線を蓄積してしまったものが、歳をとるにつれてでてきてしまったのと、アイシャドウやアイライナーの取り残しでシミができてしまいました。

今は冬でも日焼け止めがかかせませんし、夏は飲む日焼け止めと日傘もかかせません。アイメイクもベビーオイルを綿棒につけてしっかり落とすようにしました。運動部だったため仕方がないのですが、汗で日焼け止めが流れてしまったあとも塗りなおしたり、日焼けした後のケアもしっかりしておけばよかったなと今になって思います。これから先に自分が後悔しないようにしっかりケアをしていきたいと思います。

顔のほくろの多さが気になる

女性であるので自分の顔をマジマジと鏡でチェックする時間がたまにあります。

そしてそんな時にいつも気づくこと。
「私ってホクロが多い。いやだ。この顔」と思ってしまいます。

MELLIFE(メリフ)の効果を徹底レポート!話題のクレンジングバームの口コミを紹介!

普段は慌しい日々の中、メイクするときやお手洗いに行ったときなどに自分の顔はチェックするくらいで視力も悪いため気にしてはいませんでした。
そして顔立ちがどちらかといえば縄文系、ハーフと間違われる濃い目のパーツを持っているので意外とホクロが目立っていなかったのかもしれません。

よくよく見るとおおきくくっきりした黒い点が顔面に9個もあります。
さらにはシミだか、シミからそうなったのかわからない小さなホクロも10個も。

とたんにこのホクロの多い顔を他人からどのように見られているのかと気になりだします。

そしてなんでホクロが多いのか、その理由を考えます。

まずは遺伝。
母もかなりホクロが多い人です。母とほぼ同じ位置に発生しています。

次に日々のケアの怠慢。
女性は普通はシミ予防で日焼け止めを塗って出かけます。
しかし私は女ですが家計を支える一家の主として自分の肌なんてどうでもよいほど時間に切迫していた生活を送っていました。
どんなに日差しが強いと分かっていても日焼け止めも、さらには化粧水もしない日々が続いています。
そうやって出来たシミがほくろのように変化しているのもあります。

こうなると自分のケアではどうすることもできず、手遅れかもしれません。
くっきりしたホクロにもなると手術が必要とも聞きます。

しかし病院にいく時間もないですし接客業をしているので術後の顔の絆創膏は駄目なんじゃないかと思います。

お肌の悩みについてはニキビやしわ、毛穴などが多いですよね。
よくある悩みには情報があふれていていますが「ほくろ」に関しては意外と手軽に自分で出来るケアなどの情報があると嬉しいです。