人をダメにするソファとは?

ソファという、イスに似た家具がありますね。私がいつも座っているイスは、たしかにコンパクト設計でクッション性もあっていいのですが、私にとってはコンパクトすぎるというのが難点です。背中は半分くらいまで、足も同じく半分くらいまでしかクッションの部分が行き渡らず、なんとも支えているクッションが中途半端で、このイスに座ってリラックスができません。いっそ、変えてしまおうかといろいろ検索してみると、じつにたくさんの種類のソファが検索にヒットしました。その中で今、私が気になっているソファがあったので、そのソファについて書いてみたいと思います。

http://www.prestigeresortphangan.com/

そのソファは、こう呼ばれています。「人をダメにするソファ」です。うーん、なんとも思い切ったネーミングが付いていますね。では、どうダメにしてしまうのか?というと、その座ったときの感触が素晴らしく、座る以外にも仰向けになる、横になる、うつ伏せになると、どんな体勢でそのソファを使おうとも、完全に体にフィットして体を包み込んでしまうのだそうです。一度包み込まれたが最後、もうそこから動きたくなくなってしまうのだそうで、購入した人のレビューを見てみると、そのように書いている人が多数いました。
人をダメにしてしまうほどの心地よさを生んでいるのが、どんな体勢でも受け入れられる、微粒子ビーズが詰まった本体、角の取れた特殊形状、とても薄く作られている専用のカバーによる、その触ったときの独特の柔らかさなのでしょうね。そのため、いかにもイスといったような腰掛けや背もたれはあるが肘掛けは一切ない。

たくさんの人がレビューされているとおり、そのソファの誘惑というものはかなり強力なようです。もう、動きたくない、やろうとしていたことを後回しにしてしまった、などなど、このソファの誘惑に負けた人は多いようです。人ではなく、犬や猫も、この誘惑に負けてしまうのだとか。うーん、ますます欲しくなってきました。このソファは無印良品の商品で、正式名称は「体にフィットするソファ」というのだそうです。お値段は1万2600円ほどで売られています。ああ、私もこのソファに座って、ダメになりたいと思いました。