20代・30代の両極端なお肌の悩み

20代はニキビに悩み、ニキビ対策の化粧品や洗顔はもちろん、皮膚科に通ったりしてお肌に向き合ってきました。当時の私は、油取り紙を一度に何枚も使用するほどオイリーだったと思います。年を追うごとに自然とニキビは減っていき、社会人になり化粧を毎日するようになってからもオイリー肌は変わらず。ラントゥルース

その当時の悩みは「テカリ」一択でした。特にオデコ!この部分が相当に厄介で、他が綺麗に化粧でカバーできていたとしても、ここだけは化粧をしていても時間が経つとじわーっと油が浮いてきてしまったものです。

テカリに対応した化粧品を使用したとしても、結果としては「テカリにくくなる」くらいなもので特に大差は感じられず。。そんな私のテカリ対策としては、時間が経ち、ふと気になったときに掌でポンポンと触って油をなじます、そんなことくらいでした。

さて30代。お肌の曲がり角と言われる年代の私が直面した悩みは、なんとなんとの「乾燥」なのでした。今では20代のテカリが懐かしくなるほど、乾燥との終わらぬ戦いに明け暮れております。

20代では考えられなかったベトベト系クリーム「ニベア」を顔に塗りたくる日々。テカリは化粧品で抑えることができたとしても、乾燥は隠せない、むしろ化粧をすることによって目立ってしまう、そんなことを初めて知るのでした。